私が旦那さんに腕時計を買ってもらった時、旦那さんが言った言葉がとても印象に残っています。

腕時計選びのエピソード

腕時計選びのエピソード

私が旦那さんに腕時計を買ってもらった時

私が旦那さんに腕時計を買ってもらった時、旦那さんが言った言葉がとても印象に残っています。「高い物はまず定番から買った方がいい。」結婚して一年くらいたって、当時旦那さんが欲しがっていた腕時計があり、そのついでに私にもということで買ってもらいました。
旦那さんは独身のころから腕時計を買うのが趣味で、コツコツお金を貯めてドカーンと買うタイプで、私も当初その金額に驚いてしまいまいた。当時は二人とも働いていたので、経済的に少し余裕があったのですが、その豪快さにちょっと引きました。

旦那さんの気が変わらないうちに良く吟味して購入しました。
購入するまで、たくさんの店で時計をみて自分の気にいったものを購入できた満足感はこの上ないものでした。

私はどちらかというと、買い物は早く終わらせるタイプなのですが、旦那さんはいろんな店に足を運んで目でみるという作業を怠らないタイプで、時計のお店にいっても同じ時計なのに2つの時計を見比べて選ぶ徹底ぶりでした。
私も旦那さん程ではないですが、目で見るという事は大切だなと思い、なるべく購入するものは目で見て購入するようにしています。

ある程度の年齢になってくると

ある程度の年齢になってくると、財布や腕時計などにこだわりを持って購入する人が多いような気がします。全身をブランドで固められなくても、せめて財布や腕時計は質の高いものを押さえておきたいという、独特の「大人の感覚」が芽生えてくるようです。

私もそうなのかと言えば、私はいい歳ではありますが、実はさしてそれらに強いこだわりを持っていません。
しかしどんなものでもいいというほどポリシーがないわけでもなく、例えばノーブランドであっても自分の好きなデザインのものであればOKという感じです。
ただ注意点は、若い人が持っていてもおかしくないような軽やかな感じのする腕時計などはパスするようにしています。
やはりある程度の年齢なので、ポップなものよりシックなものの方が自分を相応に引き立ててくれるのではないかと思っています。以前、私よりやや年上と見られる女性が有名アニメキャラクターの派手な腕時計をしていたのですが、時計そのものはかわいいとしても、全体的にその人のファッションから見ると何かしっくりこない感じがしました。

好きなものを身に付けるのは悪いことではないし、本人が気に入っているならいいとは思うのですが、はたから見ている感想としては、なかなか好印象とはいいにくいなと思ってしまいました。

オススメワード